錯覚による避妊 | 望まない妊娠をしないためにも、しっかりとした避妊を行おう

錯覚による避妊

水と薬を飲む

避妊方法には様々な種類のものがありますが、これらの避妊方法には男性主体のものと女声主体のものがあります。
男性主体のものと言うのは、コンドームと呼ばれるものを利用した避妊方法が代表的なもので、避妊と聞くと多くの人はこの避妊方法を想像します。
では女性主体のものは何かというと、それは「ピル」と呼ばれるものを使用した避妊方法です。

このピルと呼ばれる物を利用した避妊方法というのは、世界的に見ると非常に一般的な避妊方法です。
仕組みとしては、女性ホルモンを主成分としたピルと呼ばれる医薬品を1日1回服用することによって、体内に女性ホルモンが満たされた状態を作出します。
すると、脳は自然にある現象を錯覚するようになります。
その現象というのは「妊娠」です。

妊娠を脳が錯覚することによって、身体は自然と妊娠状態……つまり、妊娠しにくい状態に変化していき、コンドームなどを使用せずに性行為を行ったとしても、妊娠する可能性が非常に低くなるのです。
この避妊方法というのはコンドーム以上の避妊効果があり、とても高い確率での避妊を期待することが出来ると言われています。
なので、もし確実な避妊を行いたい、という風に思っているのであれば、このピルを利用した避妊方法に挑戦してみましょう。